忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/13 (Wed) |

~ 世界の水産物・食事情PART3  ~

~ 世界の水産物・食事情PART3 ~

読者のみなさん、今回も読んでいただいてありがとうございます!
僕が“食験”した国々の中でベストの国をご紹介をして、今回が3回目。
これでベスト3、揃い踏みになります!

*    タイ

 タイ料理には2重の驚きがあります。
一つは辛いこと。もう一つはおいしいことです。

まず、ほとんどの料理が本当に辛くできています。辛いもの好きの僕も
到底太刀打ちできないほどの辛さです。
これ、日本のタイ料理屋とは全然違いますよ!念のため。

中でも長さ1cmほどの小さな唐辛子はグリーンチリといって、間違って
丸ごと食べてしまおうものなら、しばらくのたうちまわることになります。

たま~に、それほど辛くない料理が出てきて、僕がホッとしていると、
現地タイ人は物足りないとばかりに、唐辛子をかけまくります。
グリーンチリもぼりぼり食べます・・・
ゾ~~~~ッ!! 人間じゃない・・・。

でもただ辛いだけなら、食べなければいいだけですが、
これがえもいわれぬ、不思議なおいしさなんです。

スパイスの一つ一つに個性があるにもかかわらず、それらが絶妙に
からまりあって、ハーモナイズして不思議な旨さがあります。
感動的ですらあります!!

だからタイ料理は始末の悪いことに、どんどん食べたくなる辛さなんです!

もちろん水産物も実に見事に生かされています!!!

中でも僕が大好きなのは、アサリ料理とカニ料理です。
どちらも、野菜や香草と辛味であえたものですが、不思議なことに、
すごく辛いにもかかわらず、素材のおいしさをしっかり味わえるんです。

カニなんか甲羅の奥の奥までチュパチュパ吸いとってからでないと
食べ終われませんよ。おいしすぎて・・・

また、魚ではスティームがサイコー!
これは中華料理と基本的には同じなのですが、よりスパイシーで辛く
なっています。
僕はむしろ、中華で出てくるこの料理より、タイ料理でのほうが、おいしい
と思います!
ただし間違って、グリーンチリを食べると、その後の味がわからなく
なってしまいますが!!

あと、驚かされたのが、エビ(ブラックタイガー)の生食です。
生のエビの上ににんにくや香草、唐辛子をベースとした薬味がのせられ、
それを、魚醤につけて食べます。
う~ん、こんなおいしい生の食べ方があったのか!

生食は日本食の影響なのかもしれませんが、見事に自分たちの
食文化として昇華されています。

日本人よ、おごるなかれ(おごってないか)。
ここタイにも素晴らしい食文化があります!

欧米の植民地時代に、アジアで一度も征服なれたことのない国は日本と
タイだけです。

オリジナリティーを磨いたという意味では、共通しているのかもしれません。
そんなわけで、僕のタイでの滞在中は、ヒーヒー言いながら、冷たいビールを
がぶ飲みして舌を冷やしながら、そして胃腸をボロボロにしながら、
食べまくる毎日なのです。 


残念ながら、今まで日本のタイ料理屋で、本場さながらの味に
出会ったことがありません。
本場のままだと、客が来ないという理由もあると思います。
みなさん!もしここはスゴイ!という店があれば、ぜひ紹介してください。
(辛さだけじゃなくおいしさもですよ!)

よろしくお願いします!

PR
2005/06/26 (Sun) | Trackback(0) | Comment(0) | 食品の迷信
COMMENTS
NAME :
TITLE :
COLOR :
MAIL :
URL :
COMMENT :
PASS :

TRACKBACKs
トラックバックURL: