忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/20 (Wed) |

~ 湘南の魚介類 ~

僕の住んでいる湘南茅ヶ崎の名産品はアジとシラスです!

 地引網を見ていても、かかっている魚のほとんどが、シラスとアジ、
しかも小アジです(汗)

 他にサバとキスが少々・・・・・。。

 高級魚といわれる魚がかからず、量的にもあまり多くないので、
な~んか漁師さんたちが可哀想にさえ思えてきます。

これだけではやっていけないなどうな~~~。。

シラスはいわしの子供なので、こんな小さいうちにとってしまうと、
資源の無駄につながっていると思います。

資源管理を各自治体に任せると、どうしても目先の利益が優先してしまいます。

茅ヶ崎では、シラスを売りにしている料理屋が多いことも、獲り続けなくては
ならない一つの原因になっています。

僕みたいな食いしん坊が、よく食べているのも一つの原因かもしれません(大汗)


茅ヶ崎では、シラスを沖で獲るのを許可されている船が数隻あるそうです。

いわゆる沖どりの、シラスの釜揚げは、実においしいです。
他とゼンゼン違います!!!

おおぶりで太っていて、口にやさしくなじみます。

またシラスを生で食べられるのも、湘南ならではです。

高級魚ではないけれど、輸入品では味わえない湘南の前浜の味なんですよね~
これが!


アジの押し寿司も湘南の名物です。

開きアジの場合は、輸入物が多いのですが、押し寿司は国産が使われています。

ただ、日持ちの長さが優先されているためでしょうが、
酢が少し強すぎる気がします。

アジは酢にもよくなじむので、もっと素材の味を生かすように、
控えめな味付けにしてほしいものです。

この点、小田原駅で売っている、「小鯵押し寿司」は絶品ですよううう!!!
小田原駅ではお忘れなく!

あと、ただの子アジをバカにしてはいけません。
唐揚げや、甘酢漬けにすると、まるごと食べられて、アジのさっぱりした風味と
頭や骨のパリパリ感が実に豊かな味わいで絶品です!!!

 その身は、珍重される小鯛よりおいしいと思います。


茅ヶ崎の海は前浜で獲れる魚種は知れているものの、ちょっと沖に出ると
様相が変わります。

烏帽子岩や、江ノ島などの岩場までいくと、マダイ、イシダイ、エボダイ、
アイナメなどの他タコなども獲れます!

茅ヶ崎では、地元湘南で獲れたタコを使った「タコセンベイ」と称すものも
売られています。

本当に江ノ島で獲れたタコなのかどうかは別にしても(笑)、これがけっこう
おいしいんです。

酒のサカナにも合うんで、
今度茅ヶ崎に寄ったおりにはぜひお試しください!


僕のお勧めは、アイナメとエボダイです。

アイナメを刺身にしたねっとり感には驚かされます。

付けた醤油に脂がべっとり浮くさまは脂のかたまりのよう!
こんなに豊かで甘い香りを味わえる白身の刺身は、めったにありません。


エボダイは隠れた名物です。

別名シズともいいますが、大抵は干物として食べられます。
もちろん、干物でおいしいのですが、超お勧めは塩焼きと寿司。

脂ののったエボダイは、その2種類の食べ方が最高だと思います。

どっちの味わいも甘く芳醇で甲乙付けがたいというのはエボダイ
ぐらいではないでしょうか。

絶対にお勧めします!


この湘南茅ヶ崎の多様性に富んだ海。
こんな自然の恵みをいつまでも大切にしていきたいものです!


PR
2005/07/24 (Sun) | Trackback(0) | Comment(0) | 食品の迷信
COMMENTS
NAME :
TITLE :
COLOR :
MAIL :
URL :
COMMENT :
PASS :

TRACKBACKs
トラックバックURL: